韓国では器を持たないのが常識

韓国では器を持たないのが常識

料理の食べ方一つとってみてもその国の文化が表れるものです。
昔から日本では、お茶碗を手に持って食べるのが習慣になっています。

 

器をテーブルに置いたまま食べるのは、マナー違反といわれることがあるので日本食レストランに行った時には注意したいですね。
反対に、器を持って食べてしまうと逆にマナー違反とされてしまうのが韓国料理の面白いところです。

 

以前、韓国に行ったときに見たのですが、、テーブルに置いた器に口を寄せるようにして食べる姿はちょっと驚きでした。
といっても、その人のマナーが良くないというわけではなく、ちゃんとした理由があってのことだったと知ったのはもう少し後のことです。
韓国に住んでいる友達の家に遊びに行ったときに教えてもらったのですが、韓国の料理に使う器はステンレスが多い。

 

ステンレスって熱を通しやすいのです。
ということは、熱い料理を盛ってしまうと、その料理の熱がそのまま器に移ってしまって、持っていられないほど熱くなるのです。
日本にある焼肉屋などに行った時にスープやごはん類をステンレスの器で出されたことはありますか?
日本にある韓国料理屋では、日本の習慣に合わせてステンレスの器を使わないようにしているらしいのです。

 

また、石焼ビビンバなどのように、重い器の場合には手で持つことなどできません。
それでも、現地韓国の若い世代ではそのあたりの慣習もだいぶゆるやかになってきているようです。
ステンレス製の容器でなければ、手に持って食べたほうがスマートに食事ができると思いますし、テーブルに器を置いたままですと、自分が食べづらいですよね。