韓国の焼酎「ソジュ」

韓国の焼酎「ソジュ」

マッコリと並んで、韓国の代表的なお酒のひとつにソジュ(焼酎)があります。韓国では人が集まって何かを食べようとなると必ず登場するお酒ですね。ソジュは、アルコール度は20〜45%とかなり高いので、お酒に弱い人にはお勧めできませんが、最近韓国でも、アルコール度数が10%ぐらいのソジュも登場するようになりました。

 

 

 

昔はソジュは高価なもので、一般庶民にはそう簡単に手に入るものではなかったのですが、しだいに民衆に広まっていきました。昔は蒸留式で造られていましたが、最近は一般的なソジュは、アルコール濃度の高い元のお酒を水で薄める希釈式で造られています。材料も米だけではなく、麦飯、さつまいも、タピオカ、唐蜜などを使用しています。地域によってソジュの製造メーカーが違うので、名前も違います。

 

 

 

ソジュは価格も比較的安く、韓国のスーパーなどで買うなら、1本(360ml)で1000ウォン前後です。また食堂など、お店で注文する場合は、1本3000ウォンが相場です。

 

 

 

韓国人とお酒を飲むなら、強くないと駄目ですよ。アルコール度の高いソジュをショットグラスで早いペースで飲みますし、追加注文もしてしまいますから。(笑)

 

ここの横浜 個室 居酒屋はスタッフの雰囲気が良いので落ち着きます。

 

ストレートにショットグラスに入れて、ぐいっと一杯という飲み方が基本ですが、爆弾酒(ソジュの入ったショットグラスをビールの入ったジョッキに落としてミックスする)や、水素爆弾酒(爆弾酒とは逆にソジュの中にビールのグラスを落とす)などもありますが、とても早くお酒が回るため要注意です。強くて本当に倒れてしまう人もいるぐらいですから、決してまねはしないようにしてくださいね。