大衆に昔から愛されている「マッコリ」

大衆に昔から愛されている「マッコリ」

韓国では、昔から長く大衆に愛され飲まれ続けているお酒があります。それは何かというと、そう「マッコリ」です。このマッコリは、日本のどぶろくに似ています。米を主原料とするマッコリは、韓国伝統酒のひとつで、アルコール度はソジュ(韓国の焼酎)に比べて低く、6〜8度くらいと低い方です。

 

 

 

マッコリは、地域によっては米だけに限らず、とうもろこしやさつまいもなどを利用してつくっているところもあります。昔は農家で水代わりに飲まれていたこともあって、各家庭ごとに自家醸造していました。

 

いっぱいあって迷いますが有楽町 居酒屋はおすすめです。

 

もともと昔の人達は、お酒という高価なものを口にすることは難しかったようですが、伝統酒の沈殿物に水を混ぜて、お酒の代わりに飲用していたという歴史があります。

 

 

 

今では韓国でもお酒の醸造の技術がきちんと確立されるまでになりました。マッコリは、麹によって糖化された独特の甘みがあり、ビタミン類やタンパク質がとても豊富に含まれています。とりわけ韓国では、低アルコールで自然食品の1つとして考えられているので、飲みすぎなければ健康にいいというわけなんです。

 

こちらの個室ダイニングほのかは友達にも好評です。

 

高級感のあふれるマッコリも出てきていますが、やはり伝統的な昔のマッコリもなかなか捨てたものではありません。特に暑い夏に、冷やしたマッコリを飲むのは格別なおいしさです。

 

三宮で人気の居酒屋凛花http://kobe-rinka.com/

 

大きな丼ものの器にマッコリをいれて、ひょうたんで作られたパガジという入れ物に各自分け、ごくごくと飲むのです。真鍮で作ったやかんに入れて、真鍮製のコップで呑むスタイルのお店もありますよ。