韓国料理の歴史

韓国料理の歴史

韓国料理の番組などを見て、珍しいと思った物はありませんか?

韓国の食事の時には金属製の箸と器が使われていますよね。あれはなんでそんなものを使っているのかと言うと、昔の王族などの偉い方が毒による暗殺に不安を感じて化学変化しやすい銀などの食器を使うようになったから現代の食事の時にも金属製の食器を使うように浸透していったのです。今は白いプラスチックの箸なども普及しているみたいですが。

 

 

 

そして、食事のマナーがあり、食器を持ち上げずに食べるとかご飯を汁物に浸して食べるのはマナー違反などのものがあります。どうしても、必要なときは構わないと言うのもあります。最後に汁物の汁を飲み干すときとか、冷麺を食べるときに持ち上げるなどの時はルール違反にはならないようです。
韓国にも色々な食事の時のルールや宗教上のマナーもあるようです。

 

こちらの浅草 居酒屋は友達にも好評です。

 

例としては、日本と違い女性がお酌をしてはいけない。目上の人より先に箸をつけてはいけない。目上の人と酒を酌み交わしてはいけない。などのルールがあるようです。あとは、お客として食事に招かれたときに、完食せずに残して、「十分な量が振る舞われた」と感謝の意味で示すのが過去の韓国では美徳として考えられていたみたいです。今では日本と一緒で完食して「ごちそうさまでした」でも大丈夫みたいです。

 

 

 

他にも礼儀として、食事中に目上の人の前で煙草に火をつけるのはいけない。屋台の店先でもダメみたいです。現代では、一言声をかけてから承諾を得ると問題はないみたいです。現代の日本でもそういった認識はありますよね。基本的に自分以外に知り合いや家族、友人が一緒に食事をしていて、目の前で煙草に火をつけるのは嫌がられますので、暗黙のルールのような感じですかね。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。Yamaのuchiは何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

これらのマナーに気を付けて本場の韓国で食事をする際には気を付けましょう。