体によく美容にもよい韓国のお茶

体によく美容にもよい韓国のお茶

韓国の伝統茶って、体にもよくて、美容にもよいお茶がたくさんあるんですよ。これからますます寒くなってきますので、冬場におすすめの韓国茶をご紹介しましょう。

 

 

 

女性にとくにおすすめなのが、「テチュ茶」といわれるナツメのお茶です。ナツメは、サムゲタンを作るときの材料としても用いられる赤い実で、ビタミンCが多く含まれていて美容によいといわれています。

 

 

 

「テチュ茶」は、ナツメの実をいくつか入れてやかんで煮出してつくってもいいですし、市販で売られている顆粒タイプのものを、お湯で溶かして飲んでもおいしくいただけます。味は、ほんのりとした甘さで飲みやすいです。

 

 

 

冬場にとくにおすすめな韓国のお茶は、なんといっても「ユジャ茶」といわれる柚子のお茶です。柚子の皮をうすく切ったものを砂糖に浸けておいたものに、お湯を注いでいただきます。あまずっぱさが口の中で広がると同時に、からだがホクホクとあたたかくなってきますよ。ユジャ茶は、自分の家でも簡単に作れますし、スーパーなどにいくと瓶詰めで売られています。

 

吉祥寺駅周辺の居酒屋は個室がおしゃれです。

 

それから、のどが痛いときには「モグァ茶」といって、カリンのお茶がおすすめです。カリンは、のど飴の材料としても利用されていますよね。こちらもユジャ茶と同じく、瓶詰めになったものがよく売られています。

 

 

 

それから、美容によい韓国の伝統茶としては、「ユルム茶」というハトムギのお茶もおすすめです。ハトムギは、日本でも肌によいものとして知られていますよね。飲むとイボなどがとれるともきいたことがあります。

 

韓国の「ユルム茶」は、ハトムギだけがはいったものではなくて、そこへアーモンドなどのナッツ類や穀物などがブレンドされたものが多いようです。ユルム茶は寒い冬の定番の飲みもので、韓国のコーヒーの自販機でも売られています。コーヒーの苦手な人に好まれているようです。

 

今回ご紹介した以外にも、韓国にはいろんな種類のお茶がありますので、ぜひスーパーなどで一度のぞいてみてくださいね。