韓国料理の良さ

韓国料理の良さ

フランス料理やイタリアンを際限なく食べていたら・・そう、かなり太ると思います。一般的なフレンチの材料を見ると、フォアグラ、豚肉や牛肉、生クリームにバター、キャビアや脂分いっぱいの調理方法。

 

 

 

イタリアンも、チーズ、ハム、ウインナー、乳脂肪分がたくさん含まれた料理が多いです。もちろんサラダなどの野菜もたくさんあるでしょうけれども、比率からいったら、やっぱり脂肪分などが多い食事ということになるでしょう。

 

東京 ケータリング

 

その点、韓国料理は医食同源の心得の元、体を作る源になる料理です。野菜も良質なたんぱく質もふんだんに利用したヘルシーな料理が多いんです。韓国料理を中華と勘違いしてしまう方がいますが、中華料理よりもはるかにヘルシーでカロリーも少ない料理です。

 

https://r.gnavi.co.jp/kakj714/

 

日本でも、最近は韓国料理の新陳代謝を上げる作用や、コラーゲンたっぷりの鍋など韓国料理のことが話題になることが多くなっています。韓国料理の良さが浸透してきているのですね。