不可能ではない

不可能ではない

サラリーマンをしながら飲食店を経営するなんて出来ないなんて思っていませんか?

 

もちろんどんなことであっても二束のわらじを履くことは容易な事ではありません。

 

ましてやお昼はサラリーマンとして朝から夕方まで働き、今度は飲食店を経営する立場として夕方から夜まで働くなんてそう簡単に出来る事ではありません。
しかし、簡単ではありませんが、不可能な事ではないのです。

 

色々と経営のノウハウを学ばなければいけませんが、一番初めはカフェやバーなどのドリンクを中心とした飲食店を経営することから始めると良いと思います。
お店の規模もそんなに大きくなく、お客さんが10人も入れば満席状態になるくらいが、二束のわらじとして始めるにはちょうど良い大きさなのではないかと思います。

 

また、そのくらいの小さなお店の場合だと家賃もそこまで高くは無いはずですから、経営的にも苦しい状態が続くことはあまりないでしょう。
飲食店が立ち並ぶ場所に新たに飲食店をオープンしても競合他社ばかりですので、潰れてしまう可能性がありますし、そういう場所の方が家賃が高いですので、少し外れた場所で、自分が通いやすい場所に飲食店を構えて、どんなものなのかな、と実際に経営してみるのも良いのではないかと思います。

 

サラリーマン時代にある程度溜めた貯金を有効に使って、新たな人生の一歩を踏み出してみませんか。
わざわざ融資を受けることをせず、のんびりと構えましょう。今まで自分では気が付かなかった才能が開花するかもしれませんよ。