ロングパスタにはどんな種類があるか

ロングパスタにはどんな種類があるか

ロングパスタの種類、まだまだあります。「ツィーテ」と呼ばれるパスタはロングマカロニとも呼ばれます。

 

 

直径が5mmから8mm前後の管状のロングパスタで、使い方としては、通常のマカロニサイズに切り、グラタンなどで多く使われるそうです。「ツィーテ」を細くしたものに「プガティーニ」というものがあります。穴が開いているため、ソースがよく絡みます。濃厚なソースとの相性がぴったりです。
天草横浜店https://r.gnavi.co.jp/3aufxdd30000/

 

「リングイーネ」という名前のパスタは、スーパーのパスタコーナーでもよく目にするものです。断面が楕円形をしているロングパスタです。このパスタはバジルと松の実を使ったジェノベーゼでよく使われます。棒状だけではなく、平たい板状のパスタもあります。そう、有名なラザニアで使われるパスタです。ラ
 

 

ザニアというのは料理名ではなく、パスタの形状の名前なのですね。イタリア語の発音でいくと「ラザーニェ」となります。覚えておくといいでしょう。「ラザーニェ」が小さくなったものが「ラザニェッテ・リッチェ」です。
 

 

https://www.hotpepper.jp/strJ001147579/